ギリシャ危機で市場駆け巡る ドイツ発「銀行連鎖破綻」の恐怖

公開日:  更新日:

 世界金融クライシスが近づいている――。ギリシャの国民投票を受け、金融市場は恐怖のドン底に突き落とされた。

 6日日経平均は一時500円以上も下落。すかさず日銀は動き、324億円の上場投資信託(ETF)を購入した。これが市場を下支えし、2万円割れを何とか食い止めたが、株安の波はアジア、ヨーロッパ、米国と広がった。

「予断を許さないのは事実ですが、株式市場はすでにギリシャのデフォルトやユーロ圏離脱を織り込んだとみていいでしょう。ギリシャ国債を保有するのはECB(欧州中央銀行)、IMF(国際通貨基金)など公的機関が8割だし、ここから先の大暴落はそれほど心配はいりません」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 しかし、金融市場はこれから何が起こるか分からないと内心、恐々としている。

 実際、金融クライシスの引き金を引きかねない“衝撃情報”が市場を駆け巡っているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る