• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日産は100倍超…役員と社員「凄まじい格差」ランキング30社

 アベノミクスの賃上げ要請で、大企業の給与はアップしている。連合によると15年の平均賃上げ額は月額6354円だった。とはいえ、消費増税や円安による輸入物価の高騰で、実質賃金は4月まで24カ月連続のマイナス。生活実感はちっとも良くなっていない。

 一方、企業の経営者は賃上げムードの波に乗り、役員報酬1億円超えは211社、411人と過去最高を記録した(東京商工リサーチ調べ)。

「1億円以上の役員報酬は有価証券報告書に記載されますが、同時に社員の平均給与も開示されます。社員の給与に比べ、役員報酬がベラボーというケースも見られます」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 そこで、1億円プレーヤーのいる企業を対象に、最高報酬額が平均給与の何倍かを算出した。役員報酬は退職慰労金などを除き、基本報酬と賞与、ストックオプションの合計額とした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  10. 10

    納采の儀は困難…小室圭さんは「日本に帰れない」の声も

もっと見る