• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日産は100倍超…役員と社員「凄まじい格差」ランキング30社

 アベノミクスの賃上げ要請で、大企業の給与はアップしている。連合によると15年の平均賃上げ額は月額6354円だった。とはいえ、消費増税や円安による輸入物価の高騰で、実質賃金は4月まで24カ月連続のマイナス。生活実感はちっとも良くなっていない。

 一方、企業の経営者は賃上げムードの波に乗り、役員報酬1億円超えは211社、411人と過去最高を記録した(東京商工リサーチ調べ)。

「1億円以上の役員報酬は有価証券報告書に記載されますが、同時に社員の平均給与も開示されます。社員の給与に比べ、役員報酬がベラボーというケースも見られます」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 そこで、1億円プレーヤーのいる企業を対象に、最高報酬額が平均給与の何倍かを算出した。役員報酬は退職慰労金などを除き、基本報酬と賞与、ストックオプションの合計額とした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  7. 7

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  8. 8

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  9. 9

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  10. 10

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

もっと見る