1562億円水増し 粉飾疑惑の「東芝」経営陣は逮捕されないのか

公開日: 更新日:

「粉飾決算」疑惑に揺れる東芝。21日、田中久雄社長(64)、佐々木則夫副会長(66)、西田厚聡相談役(71)の歴代3社長に加え、副社長4人を含む合計9人が引責辞任すると発表した。歴代3社長は、引責辞任することで「司直」の手から逃げ切るつもりだ。しかし、決算の粉飾はレッキとした犯罪である。このまま無罪放免を許していいのか。

 第三者委は利益の水増し額を1562億円とし、歴代3トップの関与を指摘したが、田中社長は「直接的な指示をした認識はない」と弁明。「粉飾という言葉はどう定義するかによる」と突っぱねた。

 時間差で会見した第三者委も東芝寄りのスタンスで、上田廣一委員長(元東京高検検事長)は「個別に検討すれば不正とみられるものもあった」としたものの、刑事事件に発展する可能性について「調査範囲外のことなので答えるのは難しい」と言葉を濁した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  4. 4

    れいわ新撰組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  5. 5

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  6. 6

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  7. 7

    リオでは45万個配布 東京五輪も“コンドーム戦争”が勃発か

  8. 8

    楽天則本の7年契約にメジャースカウト仲間は肩を落とした

  9. 9

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  10. 10

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る