米法律事務所が舌なめずり 「東芝」集団訴訟で吹き飛ぶ700億円

公開日: 更新日:

 利益水増し問題で揺れる東芝の泣きっ面にハチ――。米国の個人投資家が株価下落の損害を受けたとして提訴し、集団訴訟に発展する可能性が濃厚だが、請求額はいったいどこまで膨らむのか。

 提訴した個人投資家の代理人であるローゼン法律事務所は、ホームページで集団訴訟への参加を呼びかけ中だ。それによると、訴訟には12年5月8日~15年5月7日に東芝株を買った投資家が参加できる。

「米国の個人投資家は日本の株式市場で直接、東芝株を買い入れることもありますが、米国以外で発行された株式を裏付けにしたADRという証券を購入するケースが大半。今回、ローゼンはADRを購入した人を対象者にしています。ローゼン以外にも集団訴訟を準備している法律事務所があるようですし、訴訟費用に“リターン”が見合うと判断すれば、機関投資家まで動きだす可能性があります」(証券関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  5. 5

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  6. 6

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  9. 9

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  10. 10

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る