現金1600億円で英FT買収 日経新聞“大バクチ”の勝算

公開日:  更新日:

「三菱地所がロックフェラーセンターを買収した時以上のサプライズですよ」(ロータス投資研究所代表の中西文行氏)

 金融関係者も度肝を抜かれた日本経済新聞社による英フィナンシャル・タイムズ・グループ(FT)の買収劇。独アクセル・シュプリンガーが本命視され、米ブルームバーグ通信や米トムソン・ロイターも参戦する中、最後に手を挙げた日経が争奪戦を制した。決め手はキャッシュだ。

 日経が交渉のテーブルについたのは5週間前。23日に両社の3トップが電話会談し、ライバルを上回る買収額の現金払いを申し出た日経が劣勢を覆したという。その額8億4400万ポンド(約1600億円)。日経の14年12月期連結決算によると、純資産は約3147億円。一部は借り入れるというが、約半分をポーンと差し出したわけだ。

 FTの14年の売上高は3億3400万ポンド(約645億円)で、調整後の営業利益は2400万ポンド(約46億円)。日経は売上高約3006億円、営業利益168億円。規模こそ日経が上回るが、格式はケタ違いだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

もっと見る