トヨタ、日産…過去最高益に沸く自動車業界の“アキレス腱”

公開日:  更新日:

 自動車各社が好決算に沸いている。トヨタ自動車の第1四半期(4~6月)は売上高6兆9876億円で、純利益は過去最高の6463億円だ。

「年間の純利益予想は2兆2500億円ととてつもない。白紙撤回される前の新国立競技場(2520億円)が9つもつくれる規模です。売上高予想は約27兆円と、ギリシャのGDP25兆円より大きい」(市場関係者)

 日産自動車や富士重工も過去最高の最終利益だった。輸出中心の自動車業界はアベノミクスの恩恵をたっぷり受けている。ドル円相場は1年前(2014年4~6月)に比べ、20円近く円安に振れ、トヨタの為替差益は1750億円にのぼった。大手7社でトータル約3400億円の差益だ。

「円安メリットを最も享受したのは自動車業界です。ただ、これが裏目に出かねません。株式市場は、円安効果が剥げ落ちる危機感を抱き始めています」(株式評論家の倉多慎之助氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    織田裕二vs坂上忍に遺恨勃発…共演NGに至るまでの「因縁」

もっと見る