• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

トヨタ、日産…過去最高益に沸く自動車業界の“アキレス腱”

 自動車各社が好決算に沸いている。トヨタ自動車の第1四半期(4~6月)は売上高6兆9876億円で、純利益は過去最高の6463億円だ。

「年間の純利益予想は2兆2500億円ととてつもない。白紙撤回される前の新国立競技場(2520億円)が9つもつくれる規模です。売上高予想は約27兆円と、ギリシャのGDP25兆円より大きい」(市場関係者)

 日産自動車や富士重工も過去最高の最終利益だった。輸出中心の自動車業界はアベノミクスの恩恵をたっぷり受けている。ドル円相場は1年前(2014年4~6月)に比べ、20円近く円安に振れ、トヨタの為替差益は1750億円にのぼった。大手7社でトータル約3400億円の差益だ。

「円安メリットを最も享受したのは自動車業界です。ただ、これが裏目に出かねません。株式市場は、円安効果が剥げ落ちる危機感を抱き始めています」(株式評論家の倉多慎之助氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る