• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨大外資「ブラックロック」に乗れ 市場で囁かれる“28銘柄”

 夏枯れ相場とは、ほぼ無縁――。兜町から勇ましい声が聞こえてくる。

「売買代金こそ多少、落ち込んでいますが、それでも11日は売買代金が活況の目安である3兆円近くに膨らんだ。御の字ですよ」(市場関係者)

 例年、お盆の時期は証券ディーラーが夏休みを取るため売買高は薄くなりがちだが、今年は個人投資家や海外勢が日本株を買いまくっている。株価は底堅く、11日の日経平均は一時2万946円と年初来高値にあと一歩まで迫った。

「いまの流れに乗れば小遣い程度は稼げます。狙い目は、外資が買い漁っている銘柄です。GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の運用委託先であるブラックロックグループに相乗りするのが一番でしょう。政府筋の意向を受け、東芝株を買い支えたと兜町で話題になったファンドです」(証券アナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

もっと見る