巨大外資「ブラックロック」に乗れ 市場で囁かれる“28銘柄”

公開日:  更新日:

 夏枯れ相場とは、ほぼ無縁――。兜町から勇ましい声が聞こえてくる。

「売買代金こそ多少、落ち込んでいますが、それでも11日は売買代金が活況の目安である3兆円近くに膨らんだ。御の字ですよ」(市場関係者)

 例年、お盆の時期は証券ディーラーが夏休みを取るため売買高は薄くなりがちだが、今年は個人投資家や海外勢が日本株を買いまくっている。株価は底堅く、11日の日経平均は一時2万946円と年初来高値にあと一歩まで迫った。

「いまの流れに乗れば小遣い程度は稼げます。狙い目は、外資が買い漁っている銘柄です。GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の運用委託先であるブラックロックグループに相乗りするのが一番でしょう。政府筋の意向を受け、東芝株を買い支えたと兜町で話題になったファンドです」(証券アナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る