人民元3日連続切り下げ 直撃受ける中国関連「日本企業30社」

公開日:  更新日:

 市場はまたしても中国に翻弄されている。7月下旬、中国株の暴落で日経平均は一時600円を超す下げ幅を記録した。その悪影響から抜け切れない時期に、突然の人民元の切り下げだ。しかも11、12、13日と連続で切り下げられ、3日間の対ドル下落率は4.6%に達した。

「連続切り下げは予想外だっただけに、市場に与えるマイナスのインパクトは大きかった。12日の日経平均は前日比で300円以上も値下がりした。個人投資家からは恨み節が聞かれます」(市場関係者)

 13日、日経平均は3日ぶりに反発したが、危機は去っていない。

 中国は、国内景気の減速を食い止めるため、自国通貨の価値を下げ(人民元安)、輸出企業の業績アップを狙っている。アベノミクスの円安誘導策とそっくりだが、中国は管理変動相場制を採用しているため、日本以上に為替コントロールが利く。政府は毎日、対ドルの基準値(12日は1ドル=6.3306元)を決め、1日の変動幅も上下2%と定めている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る