• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

GDPマイナス成長発表へ 盆休み明けは“株急落”要因だらけ

 盆休みが終わった途端に日本経済はドン底に突き落とされかねない。週明け17日(月)午前8時50分、内閣府は4~6月期GDP(速報値)を公表する。

 その予測数値はショッキングだ。民間シンクタンクの多くは、個人消費の低迷や輸出悪化を理由にマイナス成長と予測。大和総研は前期比3.3%減(年率、以下同)で、第一生命経済研究所は3.0%減、ニッセイ基礎研究所と三菱総合研究所が2.9%減など、マイナスのオンパレードだ。

「株価を大きく左右する重要指標だけに、週明けは要警戒です。市場はマイナス1%台までは織り込んでいますが、2%以上は想定外。2%を超すマイナスだった場合、寄り付きから大幅下落する恐れが高い」(市場関係者)

 時事通信の集計(民間シンクタンク11社)によると平均値は2.1%減。市場の警戒レベルを上回るマイナス幅だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る