GDPマイナス成長発表へ 盆休み明けは“株急落”要因だらけ

公開日:  更新日:

 盆休みが終わった途端に日本経済はドン底に突き落とされかねない。週明け17日(月)午前8時50分、内閣府は4~6月期GDP(速報値)を公表する。

 その予測数値はショッキングだ。民間シンクタンクの多くは、個人消費の低迷や輸出悪化を理由にマイナス成長と予測。大和総研は前期比3.3%減(年率、以下同)で、第一生命経済研究所は3.0%減、ニッセイ基礎研究所と三菱総合研究所が2.9%減など、マイナスのオンパレードだ。

「株価を大きく左右する重要指標だけに、週明けは要警戒です。市場はマイナス1%台までは織り込んでいますが、2%以上は想定外。2%を超すマイナスだった場合、寄り付きから大幅下落する恐れが高い」(市場関係者)

 時事通信の集計(民間シンクタンク11社)によると平均値は2.1%減。市場の警戒レベルを上回るマイナス幅だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る