専門家に聞く 「11・4上場」日本郵政グループの株は買いか?

公開日:  更新日:

 日本郵政グループ3社の上場スケジュールがようやく決まった。東証が9月10日に上場を正式に承認し、11月4日に売り出される予定だ。

 日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険の3社の時価総額は10兆円。市場からの調達額は3社で1兆~2兆円規模になるとみられ、「21世紀最大のIPO(新規上場)」といわれている。

「グループ3社の中でも『ゆうちょ銀行』は史上最高の初値が付くのは間違いない。公募価格は未定ですが、兜町では個人投資家が手を出しやすい20万~30万円で売り出されるのではないかといわれています」(市場関係者)

 果たして今回の“郵政株”は買いなのか。株式評論家の倉多慎之助氏が言う。

「売り出し直後はしばらく上がると思います。基本スタンスは“買い”でいい。企業の好決算、円安、原油安などで日本株全体を取り巻く投資環境は悪くないし、秋口には政府が設備投資減税の延長などの景気対策案を出してきそうです。早めに利益確定をすれば、大ヤケドをせずに済むのではないでしょうか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  3. 3

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  4. 4

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  5. 5

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  6. 6

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  7. 7

    メディアは国のトップ発言の垂れ流しを終わりにするべき

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  10. 10

    鈴木誠也の2位指名は“凡打ばかりのプレゼン”も一役買った

もっと見る