専門家に聞く 「11・4上場」日本郵政グループの株は買いか?

公開日:  更新日:

 日本郵政グループ3社の上場スケジュールがようやく決まった。東証が9月10日に上場を正式に承認し、11月4日に売り出される予定だ。

 日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険の3社の時価総額は10兆円。市場からの調達額は3社で1兆~2兆円規模になるとみられ、「21世紀最大のIPO(新規上場)」といわれている。

「グループ3社の中でも『ゆうちょ銀行』は史上最高の初値が付くのは間違いない。公募価格は未定ですが、兜町では個人投資家が手を出しやすい20万~30万円で売り出されるのではないかといわれています」(市場関係者)

 果たして今回の“郵政株”は買いなのか。株式評論家の倉多慎之助氏が言う。

「売り出し直後はしばらく上がると思います。基本スタンスは“買い”でいい。企業の好決算、円安、原油安などで日本株全体を取り巻く投資環境は悪くないし、秋口には政府が設備投資減税の延長などの景気対策案を出してきそうです。早めに利益確定をすれば、大ヤケドをせずに済むのではないでしょうか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る