「大塚家具」父・勝久氏が始動 17億円手に新会社で親子対決か

公開日: 更新日:

 パパが不気味に“始動”だ。大塚家具創業者で前会長の大塚勝久氏(72)が、保有する同社株の一部を売却するため、証券会社と売買委託契約を結んでいたことが17日、分かった。

 関東財務局に提出した大量保有報告書によると、保有する350万株のうち95万株を、8月11日~12月30日に市場で売却する。発行済み株式に対する保有割合は、約18%から約13%に低下する。現在の株価で換算すると、売却額は約17億円になる。

 勝久氏は、妻との共同保有分を含め約20%(約387万株)の株式を持ち、売却後も約15%の比率を維持する。

 大塚家具の広報担当者は、勝久氏の株式売却に関し「報告書で初めて知った。詳細は分からない」とコメントしている。

 勝久氏と娘の久美子社長は、経営方針をめぐり対立。今年3月の株主総会で経営権を争ったが、久美子氏が“勝利”し社長に再任。勝久氏は会長を退任していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  3. 3

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  4. 4

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  5. 5

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  6. 6

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  7. 7

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  8. 8

    無許可で造った“ゲリラ花壇”を発見した市職員の粋な対応

  9. 9

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

  10. 10

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る