「大塚家具」父・勝久氏が始動 17億円手に新会社で親子対決か

公開日:  更新日:

 パパが不気味に“始動”だ。大塚家具創業者で前会長の大塚勝久氏(72)が、保有する同社株の一部を売却するため、証券会社と売買委託契約を結んでいたことが17日、分かった。

 関東財務局に提出した大量保有報告書によると、保有する350万株のうち95万株を、8月11日~12月30日に市場で売却する。発行済み株式に対する保有割合は、約18%から約13%に低下する。現在の株価で換算すると、売却額は約17億円になる。

 勝久氏は、妻との共同保有分を含め約20%(約387万株)の株式を持ち、売却後も約15%の比率を維持する。

 大塚家具の広報担当者は、勝久氏の株式売却に関し「報告書で初めて知った。詳細は分からない」とコメントしている。

 勝久氏と娘の久美子社長は、経営方針をめぐり対立。今年3月の株主総会で経営権を争ったが、久美子氏が“勝利”し社長に再任。勝久氏は会長を退任していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  3. 3

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  4. 4

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  8. 8

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  9. 9

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  10. 10

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

もっと見る