世界同時株安ショック このままでは「リオ五輪」が中止になる

公開日:  更新日:

 株安の連鎖は日本の裏側まで及んでいる。24日の日経平均株価は急落し、終値は895円15銭安の1万8540円68銭と今年最大の下げ幅を記録した。上海株の大幅下落や原油安も進む中、その“直撃”をもろに受けているのが新興国。特にブラジル経済が深刻だ。その失速ぶりに、来夏のリオ五輪の開催を危ぶむ声も出始めている。

 世界同時株安になる中、きのうの上海市場は大荒れだった。市場全体の動きを示す上海総合指数が最大で約9%低下と大幅に下落。3分の2以上の銘柄がストップ安となった。

 6月中旬から3週間で3割も下落。中国政府のなりふり構わぬ下支え策で、7月上旬にいったん下げ止まったが、ここにきて、中国経済の不透明感が高まり、一段と下落する様相を見せているのだ。

 原油安にも全く歯止めがかかっていない。きのうの東京商品取引所では、中東(ドバイ)産原油先物が大幅続落。取引の中心となる16年1月決済物は一時、取引時間中としては09年5月以来、約6年3カ月ぶりの安値を付けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る