動き出す再生医療 15兆円市場を狙う「富士フイルム」の野望

公開日:  更新日:

 世紀の発見と大絶賛されたiPS細胞だが、再生医療への応用は欧米が進んでいる。“本家”が取り残された格好だが、重症の心臓病を治療する細胞シートが今月中にも承認される運びとなった。太ももの筋肉細胞を培養し、直径5センチまで拡大したシートを、心筋梗塞などで弱った心臓の部分に5枚貼る。7人に行われた治験では、5人の心臓機能が改善。死亡例はなかった。

 SF小説さながらの心筋蘇生法の登場で、再生医療が活気づくか。

 経産省は、再生医療市場が成熟すれば、国内1.5兆円、世界で15兆円規模になると試算。そんな巨大市場をリードしているのが、富士フイルムHDだ。今年3月には、米再生医療ベンチャーを約370億円で買収。その発表会見で、古森重隆会長が世界一をブチ上げたのだ。

「富士フイルムは昨年、ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(J-TEC)を連結子会社化しています。このベンチャーは、国内で初めて再生医療製品を実用化した実績がある。その技術の肝が、重度の熱傷を治療する培養表皮と膝の軟骨損傷に使う培養軟骨で、これが“ドル箱”になる可能性を秘めているともっぱらなのです」(厚労省関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る