• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

動き出す再生医療 15兆円市場を狙う「富士フイルム」の野望

 世紀の発見と大絶賛されたiPS細胞だが、再生医療への応用は欧米が進んでいる。“本家”が取り残された格好だが、重症の心臓病を治療する細胞シートが今月中にも承認される運びとなった。太ももの筋肉細胞を培養し、直径5センチまで拡大したシートを、心筋梗塞などで弱った心臓の部分に5枚貼る。7人に行われた治験では、5人の心臓機能が改善。死亡例はなかった。

 SF小説さながらの心筋蘇生法の登場で、再生医療が活気づくか。

 経産省は、再生医療市場が成熟すれば、国内1.5兆円、世界で15兆円規模になると試算。そんな巨大市場をリードしているのが、富士フイルムHDだ。今年3月には、米再生医療ベンチャーを約370億円で買収。その発表会見で、古森重隆会長が世界一をブチ上げたのだ。

「富士フイルムは昨年、ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(J-TEC)を連結子会社化しています。このベンチャーは、国内で初めて再生医療製品を実用化した実績がある。その技術の肝が、重度の熱傷を治療する培養表皮と膝の軟骨損傷に使う培養軟骨で、これが“ドル箱”になる可能性を秘めているともっぱらなのです」(厚労省関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る