動き出す再生医療 15兆円市場を狙う「富士フイルム」の野望

公開日:  更新日:

 世紀の発見と大絶賛されたiPS細胞だが、再生医療への応用は欧米が進んでいる。“本家”が取り残された格好だが、重症の心臓病を治療する細胞シートが今月中にも承認される運びとなった。太ももの筋肉細胞を培養し、直径5センチまで拡大したシートを、心筋梗塞などで弱った心臓の部分に5枚貼る。7人に行われた治験では、5人の心臓機能が改善。死亡例はなかった。

 SF小説さながらの心筋蘇生法の登場で、再生医療が活気づくか。

 経産省は、再生医療市場が成熟すれば、国内1.5兆円、世界で15兆円規模になると試算。そんな巨大市場をリードしているのが、富士フイルムHDだ。今年3月には、米再生医療ベンチャーを約370億円で買収。その発表会見で、古森重隆会長が世界一をブチ上げたのだ。

「富士フイルムは昨年、ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(J-TEC)を連結子会社化しています。このベンチャーは、国内で初めて再生医療製品を実用化した実績がある。その技術の肝が、重度の熱傷を治療する培養表皮と膝の軟骨損傷に使う培養軟骨で、これが“ドル箱”になる可能性を秘めているともっぱらなのです」(厚労省関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る