• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

東芝「保有株大量売却」観測で…株安リスクにさらされる22社

 東芝は7日、ようやく決算発表にこぎつけたが、市場の反応は冷淡だ。

「税引前利益の水増し額は2248億円とほぼ予想通りで、それほどのインパクトはなかった。いまや市場にとっての心配事は東芝そのものではなく、東芝が資金調達のために手放すかもしれない保有株です。実際、東芝が売却を決めたトプコンは大幅下落している。市場は、次に手放す銘柄を探り始めました」(証券アナリスト)

 東芝は8月末に、グループで約3割保有する測量関連のトプコン株を全株売却すると公表した。直後にトプコン株は大幅下落し、2000円前後だった株価は1600円近辺へと値下がり。8日も年初来安値の1607円で取引を終えた。

「相場はチャイナ・ショックによって、マイナス材料に反応しやすくなっています。東芝は財務体質を改善するため保有株を次々と手放すかもしれない。そんな臆測が流れるだけで、売られる危険性のある銘柄は株価が下落しかねません。とんだトバッチリでしょう」(市場関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  4. 4

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  5. 5

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  8. 8

    佐喜真氏はなぜ沖縄県知事選で日本会議との関係を隠すのか

  9. 9

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  10. 10

    ツアーを長く支えた主催者との良好関係を小林会長ブチ壊し

もっと見る