東芝「保有株大量売却」観測で…株安リスクにさらされる22社

公開日: 更新日:

 東芝は7日、ようやく決算発表にこぎつけたが、市場の反応は冷淡だ。

「税引前利益の水増し額は2248億円とほぼ予想通りで、それほどのインパクトはなかった。いまや市場にとっての心配事は東芝そのものではなく、東芝が資金調達のために手放すかもしれない保有株です。実際、東芝が売却を決めたトプコンは大幅下落している。市場は、次に手放す銘柄を探り始めました」(証券アナリスト)

 東芝は8月末に、グループで約3割保有する測量関連のトプコン株を全株売却すると公表した。直後にトプコン株は大幅下落し、2000円前後だった株価は1600円近辺へと値下がり。8日も年初来安値の1607円で取引を終えた。

「相場はチャイナ・ショックによって、マイナス材料に反応しやすくなっています。東芝は財務体質を改善するため保有株を次々と手放すかもしれない。そんな臆測が流れるだけで、売られる危険性のある銘柄は株価が下落しかねません。とんだトバッチリでしょう」(市場関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  2. 2

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  3. 3

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  4. 4

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  5. 5

    ハンディ乗り越え…深田恭子「ルパンの娘」に大化けの予感

  6. 6

    「ぎぼむす」vs「奥様は、」綾瀬はるか次回作の熾烈争奪戦

  7. 7

    「Heaven?」好発進は“PR効果”?石原さとみに訪れた正念場

  8. 8

    NHKとテレ東は参院選開票特番「もう、やめたい」が本音

  9. 9

    コンビでカビ臭い部屋に住む宮下草薙 私生活は「真逆」

  10. 10

    「輸出規制」で本当に困るのは韓国ではなく日本だ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る