• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米FOMCの結果次第で大荒れも 「9・18波乱相場」に買うべき株

 兜町がピリピリしている。18日(金)に、今後の株価を占う重要イベントが控えているからだ。16、17日の両日、米国で金融政策を決定するFOMC(連邦公開市場委員会)が開かれる。

「利上げか、それとも先送りか。その結果が分かるのは日本時間の18日午前3時ごろです。市場の予想は五分五分。どちらに転んでも18日は寄り付きから大荒れとなるでしょう」(証券アナリスト)

 ただでさえ日経平均の動きは不安定極まりない。1日に500~600円と変動する日はザラだが、18日はさらなるジェットコースター相場になるだろう。

「専門家の間でも米利上げは意見が分かれます。実施時期だけでなく、為替に与える影響も真っ二つです。利上げで円安になるというアナリストがいれば、逆に円高に振れると読む金融マンもいます。過去に例がないほど、先の読みづらい不透明な相場です」(株式評論家の倉多慎之助氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  5. 5

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る