米FOMCの結果次第で大荒れも 「9・18波乱相場」に買うべき株

公開日:  更新日:

 兜町がピリピリしている。18日(金)に、今後の株価を占う重要イベントが控えているからだ。16、17日の両日、米国で金融政策を決定するFOMC(連邦公開市場委員会)が開かれる。

「利上げか、それとも先送りか。その結果が分かるのは日本時間の18日午前3時ごろです。市場の予想は五分五分。どちらに転んでも18日は寄り付きから大荒れとなるでしょう」(証券アナリスト)

 ただでさえ日経平均の動きは不安定極まりない。1日に500~600円と変動する日はザラだが、18日はさらなるジェットコースター相場になるだろう。

「専門家の間でも米利上げは意見が分かれます。実施時期だけでなく、為替に与える影響も真っ二つです。利上げで円安になるというアナリストがいれば、逆に円高に振れると読む金融マンもいます。過去に例がないほど、先の読みづらい不透明な相場です」(株式評論家の倉多慎之助氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    織田裕二vs坂上忍に遺恨勃発…共演NGに至るまでの「因縁」

もっと見る