米FOMCの結果次第で大荒れも 「9・18波乱相場」に買うべき株

公開日:  更新日:

 兜町がピリピリしている。18日(金)に、今後の株価を占う重要イベントが控えているからだ。16、17日の両日、米国で金融政策を決定するFOMC(連邦公開市場委員会)が開かれる。

「利上げか、それとも先送りか。その結果が分かるのは日本時間の18日午前3時ごろです。市場の予想は五分五分。どちらに転んでも18日は寄り付きから大荒れとなるでしょう」(証券アナリスト)

 ただでさえ日経平均の動きは不安定極まりない。1日に500~600円と変動する日はザラだが、18日はさらなるジェットコースター相場になるだろう。

「専門家の間でも米利上げは意見が分かれます。実施時期だけでなく、為替に与える影響も真っ二つです。利上げで円安になるというアナリストがいれば、逆に円高に振れると読む金融マンもいます。過去に例がないほど、先の読みづらい不透明な相場です」(株式評論家の倉多慎之助氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る