パパは家具のデザイン考案中 「大塚家具」父娘バトルの行方

公開日:  更新日:

 壮絶な親子ゲンカで、上半期の話題をさらった「大塚家具」。娘の大塚久美子社長(47)が株主総会に勝利する形でいったんは決着がついたが、創業者で父の勝久元会長(72)も法廷で反撃を開始。予断を許さない状況が続いている。

 勝久氏は7月1日に新会社「匠大塚」を設立、長男・勝之氏とともに代表取締役に就任した。役員には妻・千代子氏、株主総会で勝久氏サイドについた幹部が名を連ねている。事務所は東京・品川で、大規模マンションの一室。電話などの連絡先は明かされていない。勝久氏の弁護士がこう言う。

「新会社では工房を作ったり、自ら家具のデザインをしたいとの意向があるようです。とりあえず事務所に電話はありますが、まだ本格的には動いていない。いろいろ考え中のようです。大塚家の資産管理会社『ききょう企画』をめぐる裁判では、和解するつもりは全くありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

もっと見る