• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

秋相場の主役に躍り出た「TPP関連株」 プロが推す21銘柄

 兜町はちょっとしたお祭り騒ぎだ。5日のノーベル医学・生理学賞に続き、6日はニュートリノ研究で知られる東大宇宙線研究所長の梶田隆章教授がノーベル物理学賞を受賞した。

「株式市場にとって久しぶりの明るいニュースです。バイオ関連株や、ニュートリノ絡みの浜松ホトニクス(東証1部)が人気化しています。村上春樹氏の文学賞受賞をにらみ、書店の文教堂HDも株高傾向です」(証券アナリスト)

 もうひとつ、材料がある。賛否はともかく、TPPの大筋合意だ。関連株を物色する動きが活発で、6日の日経平均(終値)は1万8000円台をキープした。

「TPP関連といえば、農業関連が主役でしたが、ここへきて意外な銘柄にスポットが当たっています。何しろTPPは知的財産や金融サービス、電子商取引など31分野に及んでいます。気づかれていない“埋もれた関連銘柄”がたくさん眠っています」(IMSアセットマネジメントの清水秀和代表)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る