秋相場の主役に躍り出た「TPP関連株」 プロが推す21銘柄

公開日: 更新日:

 兜町はちょっとしたお祭り騒ぎだ。5日のノーベル医学・生理学賞に続き、6日はニュートリノ研究で知られる東大宇宙線研究所長の梶田隆章教授がノーベル物理学賞を受賞した。

「株式市場にとって久しぶりの明るいニュースです。バイオ関連株や、ニュートリノ絡みの浜松ホトニクス(東証1部)が人気化しています。村上春樹氏の文学賞受賞をにらみ、書店の文教堂HDも株高傾向です」(証券アナリスト)

 もうひとつ、材料がある。賛否はともかく、TPPの大筋合意だ。関連株を物色する動きが活発で、6日の日経平均(終値)は1万8000円台をキープした。

「TPP関連といえば、農業関連が主役でしたが、ここへきて意外な銘柄にスポットが当たっています。何しろTPPは知的財産や金融サービス、電子商取引など31分野に及んでいます。気づかれていない“埋もれた関連銘柄”がたくさん眠っています」(IMSアセットマネジメントの清水秀和代表)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る