• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ノーベル学者に3度の技術貢献 「浜松ホトニクス」の経営理念

 確かな技術がノーベル賞学者に3度目の貢献。

 6日に物理学賞を受賞した梶田隆章氏の研究を支えたのが、光センサー大手の浜松ホトニクスだ。観測装置「スーパーカミオカンデ」には、同社開発の「光電子増倍管」が使われている。ホンの微弱な光でも逃さずとらえ、電気信号に変える。この“超絶技巧”によって、梶田氏はニュートリノの質量を初めて突き止めることができた。

 2002年に同じく物理学賞を受賞した小柴昌俊氏の研究も同社の光センサーのたまもの。日本人2人だけではない。13年に同賞受賞のピーター・ヒッグス氏が“神の粒子”を発見できたのも、同社開発の検出装置があればこそだ。

 まさにノーベル賞学者御用達企業。1948年創業の同社がこれだけハイレベルな研究に貢献してきた背景には、78年から31年の間、社長を務めた晝馬輝夫・現会長の掲げた経営理念がある。スローガンはズバリ、「人類未知未踏を目指せ」だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る