11月4日上場の「郵政3社株」は本当に買いか 専門家に聞いた

公開日:  更新日:

 郵政グループ3社の新規上場(11月4日)まで3週間、郵政株の引受証券会社では8日からブックビルディング(購入申し込み)を開始。購入希望者は、日本郵政が23日まで、ゆうちょ銀行とかんぽ生命は16日までに抽選の申請を行う必要がある。

 価格の仮条件は日本郵政1100~1400円、ゆうちょ銀1250~1450円、かんぽ1900~2200円で、最低売買単位は100株。3社の株を100株ずつ買ったとしても、約50万円の“軍資金”ですむ。

 はたして、郵政株は買いなのか。

「上場後の初値は公募価格を上回るとの見方が一般的です。まず、下回ることはないでしょう。NISA口座の範囲内で買うことができ、小遣いを稼ぎたければ買うべきでしょう」(大手証券マン)

■PBRや配当利回りを考えれば割安

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  3. 3

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  4. 4

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  8. 8

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  9. 9

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  10. 10

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

もっと見る