海外勢過去最大「売り越し」で10・30“黒田バズーカ3”再浮上

公開日:  更新日:

 乱高下の激しかった株式市場は、日本人のノーベル賞受賞やTPPの大筋合意で落ち着きを取り戻しつつある。

 13日も、中国発の悪材料が飛び出したが、株価は大崩れしなかった。中国税関総署が昼前に9月の貿易総額を発表。人民元ベースで8.8%減と7カ月連続の減少となり、中国経済の悪化をより印象づけた。

「相場環境が悪かったら、日経平均は一気に500円、600円と下げる危険性がありました。でも、きのうは200円程度の下げで済み、終値は1万8000円の大台をキープした。底値固めに入ったといえるでしょう」(市場関係者)

 一方で、市場に不穏なムードが高まっているとの見方がある。海外勢の売買動向が明らかにおかしいというのだ。

 東証によると、外国人投資家は9月第1週から第4週(8月31日~9月25日)にかけ、合計2兆3757億円(東証1部)を売り越した。ブラックマンデー直後の1987年10月(約2兆230億円)を超える巨額売り越しで過去最大規模だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る