NTTを彷彿させる熱狂 「郵政株」の正しい買い方と売り時

公開日:  更新日:

 株式市場が、11月4日に上場する郵政3社(日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命)に翻弄されている。

 14日、日経平均は前日比343円安と1万8000円を割り込んで取引を終えたが、下落の理由は、「郵政株を買うための換金売りが大量に発生したため」(証券アナリスト)ともっぱらだ。

 ゆうちょ銀行とかんぽ生命のブックビルディング(購入申し込み)は、16日まで。価格の仮条件はゆうちょ銀行が1250~1450円で、かんぽ生命は1900~2200円。購入単位は100株。当選すれば購入の権利を得られるが、郵政株を買うため、多くの投資家は保有株を売却して現金を確保する。この動きが活発だったため、日経平均は下落したのだ。

「兜町の熱狂は上場日に向けますます高まっていくでしょう。1987年に上場したNTTを彷彿とさせます」(市場関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る