• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

傾斜マンション余波…親会社「旭化成」の屋台骨まで傾くのか

 14日に発覚した横浜市のマンション傾斜問題。くい打ち工事を請け負った「旭化成建材」は建設業法違反の疑いもあるとみられており、親会社・旭化成の屋台骨まで傾かせかねない雲行きだ。

 旭化成の19日の株価は730円と、14日終値から190円近くも下落。たった1人の子会社社員の“データ偽装”のせいで、あっと言う間に時価総額で約2665億円が吹き飛んでしまった。先月の鬼怒川決壊でヘーベルハウス(旭化成ホームズ)が濁流に耐え、せっかく株価が急騰したというのに、差し引きゼロどころかマイナスだ。

 問題の傾斜マンションにしたって4棟全棟建て替えとなれば、買い取りや住民の引っ越し費用や何だかんだで、300億円以上かかるとも報じられている。

「瑕疵担保責任は売り主である三井不動産レジデンシャルにありますが、建設業法違反となれば、旭化成建材に損害賠償を請求するはずです」(大手ゼネコン関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る