傾斜マンション余波…親会社「旭化成」の屋台骨まで傾くのか

公開日:  更新日:

 14日に発覚した横浜市のマンション傾斜問題。くい打ち工事を請け負った「旭化成建材」は建設業法違反の疑いもあるとみられており、親会社・旭化成の屋台骨まで傾かせかねない雲行きだ。

 旭化成の19日の株価は730円と、14日終値から190円近くも下落。たった1人の子会社社員の“データ偽装”のせいで、あっと言う間に時価総額で約2665億円が吹き飛んでしまった。先月の鬼怒川決壊でヘーベルハウス(旭化成ホームズ)が濁流に耐え、せっかく株価が急騰したというのに、差し引きゼロどころかマイナスだ。

 問題の傾斜マンションにしたって4棟全棟建て替えとなれば、買い取りや住民の引っ越し費用や何だかんだで、300億円以上かかるとも報じられている。

「瑕疵担保責任は売り主である三井不動産レジデンシャルにありますが、建設業法違反となれば、旭化成建材に損害賠償を請求するはずです」(大手ゼネコン関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る