名目GDP600兆円 「ありえない数字」の裏に姑息なトリック

公開日: 更新日:

 安倍政権が打ち出した「新3本の矢」は、どれも実現性が乏しい政策ばかり。中でも「2020年度に名目GDP600兆円」については、経済同友会の小林喜光代表幹事ですら「ありえない数字」とバッサリだ。しかし、官邸が厚顔にも夢みたいな大目標を出してきたのには理由があった。姑息なトリックで数字のかさ上げを狙っているというのである。

 2016年からGDPの算出基準が改定される。これまで対象外だった民間企業の研究開発費が新たに盛り込まれる予定で、「名目GDP20兆円以上の上乗せは織り込み済み」(自民党関係者)だというのだ。現在、名目GDPは約500兆円。研究開発費を加えるだけで520兆円になる。

 研究開発費の加算は、国際的なGDP算出のモノサシとなっている国連のSNA(国民経済計算)が08年に見直されたことを受けたもの、と内閣府などは説明している。だが、これで実態のともなわない“経済成長”が演出されるのは確実だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  4. 4

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  5. 5

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  6. 6

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る