資産220億円! ココイチ創業・宗次徳二氏の“大逆転”人生

公開日:  更新日:

 ココイチの愛称で親しまれている「カレーハウスCoCo壱番屋」(社名・壱番屋)が、ハウス食品の子会社になる決断をした。現在、ハウス食品は壱番屋の株式を約20%保有するが、2日から12月1日にかけてTOB(株式公開買い付け)を実施し、51%まで高める。両社ともに合意した友好的な買収劇だ。

 ココイチは国内外で約1400店を展開するカレーチェーンの最大手。食品大手のハウスと組むことで“世界のココイチ”へ飛躍する狙いがある。30日に会見した壱番屋の浜島俊哉社長は、「7月に創業者から株式を売却したいとの意向を伝えられた」と話した。

■苦労した幼少期から資産220億円までの道のり

 ココイチの創業者・宗次徳二氏(67)は知る人ぞ知るユニーク起業家だ。

「宗次氏は、波瀾万丈がピッタリな人です。石川県に生まれ、3歳まで児童養護施設で育った。養父母に引き取られたあとも、養父は競輪好きで、かなり苦労したと聞きました」(経済ジャーナリストの松崎隆司氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る