• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
森山高至
著者のコラム一覧
森山高至建築エコノミスト

1級建築士。1965年生まれ。岡山県井原市出身。岡山県立井原高から早大理工学部建築学科に進学し、88年に卒業。斎藤裕建築研究所を経て、91年に株式会社アルス・ノヴァを設立し、代表に就任。04年に早大政治経済学部大学院経済学修士課程を修了した。建築家として関わった物件は1000件以上。長崎県の大村市協定強建替え基本計画策定など、公共建設物のコンサルティングに携わるほか、マンガの原作などの仕事も手掛ける。

<第2回>かくして「総合請負人」が生まれ、壊れつつある

建物全体の問題だ(横浜市の傾斜マンション)/(C)日刊ゲンダイ

暗黙の約束で拡大した伝統的請負関係

 横浜市のマンション傾斜問題で非常に違和感を覚えたのが、杭工事会社だけが矢面に立っているという点です。傾いているのは建物全体で、その安全性や補修の議論があるべきなのに、です。

 杭の影響で建物全体の状態がどうなっているのかが最も大切なのに、建物全体の…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事