テロ後から“世界同時バブル” 冷静さ失った投資家と狂乱相場

公開日:  更新日:

 およそ考えられないような楽観ムードだ。パリ同時多発テロの直後から、世界中の株式市場の値動きがグングン跳ね上がっている。テロの脅威が観光大国フランスの経済を揺さぶり、欧州全体の景気に影を落としつつあるのに、マーケットは実体経済と逆行していく。テロの混乱を歓迎する投資家たちが演出する狂乱相場と化してきた。

 2001年の9.11テロ直後、米国内の金融市場は1週間にわたって取引停止に陥り、東京市場をはじめ、世界各地の株価は大暴落。結局、NYダウがテロ前の水準に戻るまで約2カ月を要した。世界金融の中枢だったNYの世界貿易センターがテロの標的となったのだ。市場のパニックは当然の反応だろう。

 翻って「欧州の9.11」と称されるパリ同時多発テロ直後の値動きは、どうかしている。

 テロ発生から初商いとなった週明け16日。フランスの株価指数「CAC40」は0.1%低いだけの小幅な値動きにとどまると、翌17日には前日比2.8%上昇。その後も値を上げ、19日も直近3カ月内でも高い水準で株価は推移した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る