• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

テロ後から“世界同時バブル” 冷静さ失った投資家と狂乱相場

 およそ考えられないような楽観ムードだ。パリ同時多発テロの直後から、世界中の株式市場の値動きがグングン跳ね上がっている。テロの脅威が観光大国フランスの経済を揺さぶり、欧州全体の景気に影を落としつつあるのに、マーケットは実体経済と逆行していく。テロの混乱を歓迎する投資家たちが演出する狂乱相場と化してきた。

 2001年の9.11テロ直後、米国内の金融市場は1週間にわたって取引停止に陥り、東京市場をはじめ、世界各地の株価は大暴落。結局、NYダウがテロ前の水準に戻るまで約2カ月を要した。世界金融の中枢だったNYの世界貿易センターがテロの標的となったのだ。市場のパニックは当然の反応だろう。

 翻って「欧州の9.11」と称されるパリ同時多発テロ直後の値動きは、どうかしている。

 テロ発生から初商いとなった週明け16日。フランスの株価指数「CAC40」は0.1%低いだけの小幅な値動きにとどまると、翌17日には前日比2.8%上昇。その後も値を上げ、19日も直近3カ月内でも高い水準で株価は推移した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る