• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
森山高至
著者のコラム一覧
森山高至建築エコノミスト

1級建築士。1965年生まれ。岡山県井原市出身。岡山県立井原高から早大理工学部建築学科に進学し、88年に卒業。斎藤裕建築研究所を経て、91年に株式会社アルス・ノヴァを設立し、代表に就任。04年に早大政治経済学部大学院経済学修士課程を修了した。建築家として関わった物件は1000件以上。長崎県の大村市協定強建替え基本計画策定など、公共建設物のコンサルティングに携わるほか、マンガの原作などの仕事も手掛ける。

<第3回>日本的「あ・うん」でつながるピラミッドの崩壊

ゼネコンは建設作業をしない(C)日刊ゲンダイ

大手と中小の何が違うのか

 ゼネコンが注文者に対し総合請負しているなら、具体的には一体何をやっているのでしょうか。実はゼネコンの社員が建設作業をすることはほとんどありません。大工をやったり左官をやったりすることもなければ、当然、鉄筋を組むこともなければ杭を打つこともない。建設業において、必ずしも元請け会社…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事