• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
森山高至
著者のコラム一覧
森山高至建築エコノミスト

1級建築士。1965年生まれ。岡山県井原市出身。岡山県立井原高から早大理工学部建築学科に進学し、88年に卒業。斎藤裕建築研究所を経て、91年に株式会社アルス・ノヴァを設立し、代表に就任。04年に早大政治経済学部大学院経済学修士課程を修了した。建築家として関わった物件は1000件以上。長崎県の大村市協定強建替え基本計画策定など、公共建設物のコンサルティングに携わるほか、マンガの原作などの仕事も手掛ける。

<第4回>「派遣監督」がもたらした人材不足とモラル低下

ゼネコン社員は数人のケースも(写真はイメージ)/(C)日刊ゲンダイ

労働者派遣法改正の“罪”

 日本の建設業は敗戦後から成長し続け、90年代のバブル崩壊前には84兆円もの建設投資が行われていました。日本のGDPはこの20年間ずっと500兆円前後で推移していますから、建設投資の占める割合が2割近くもあったわけです。建設業従事者もピーク時には約700万人、日本の全就業者数の1…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事