情報漏洩不安で顧客離れ 中小証券“マイナンバー廃業”危機

公開日:  更新日:

 マイナンバーの「通知カード」の配達は、8日現在で約5594万6000世帯(98.4%)が「完了した」と発表されたが、これは完全に“数字のトリック”だ。

 残り1.6%かと思いきや、違う。これは不在だろうが何だろうが、郵便局員がとりあえず「訪問した」という世帯数に過ぎない。日本郵便によると、実際に手元に届いているのは、4959万5000世帯だ。総数は5684万2000世帯だから、まだ約13%が通知カードを受け取っていない。単純計算で、1億2700万人の日本国民のうち1651万人が、まだ自分の番号を知らないことになる。

 今月20日までに完了するというのも、訪問を完了するというだけ。「国民全員に配り終わるという意味ではない」(日本郵便関係者)。そんなグダグダのマイナンバーに中小の証券会社が苦しめられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  5. 5

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  6. 6

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

もっと見る