• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

師走相場の主役に浮上 PM2.5関連「21銘柄」で稼ぐ

 中国・北京市を襲う微小粒子状物質「PM2.5」は過去最悪レベルとなっている。7日に北京市は初の「赤色警報」(最高レベル)を出した。街中は白くかすみ、道行く人のマスク姿が目立つ。

「大気汚染は深刻そのものですが、株式市場には好材料となっています。排ガスなどの環境ビジネスや、家庭用空気清浄機、マスクなど関連事業の業績拡大が見込めます。このところ日経平均は原油安の影響で低迷しているだけに、PM2.5関連が市場を引っ張ってくれると期待しています」(証券アナリスト)

 9日、日経平均は前日比191円安の1万9301円で引けた。1日(終値)に2万円の大台へ乗せたあと、下落基調がクッキリしてきた。

 一方、PM2.5関連銘柄(別表参照)は勢いがある。9日も、PM2.5の測定器を扱う神栄は26円高(16.8%)、同じく東亜ディーケーケーは61円高(10.8%)をつけた。空気清浄機の日本エアーテックは19円高(2.7%)、マスク関連の興研は105円高(6.1%)、防毒マスクで知られる重松製作所は35円高(4.6%)と、しっかり値を上げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る