伊藤忠 初の総合商社トップ目前で噂される“電撃社長交代”

公開日:  更新日:

岡藤氏は会長になっても院政

 伊藤忠が三菱商事を抜いて総合商社で初めてトップに躍り出る。2016年3月期の連結最終利益は、伊藤忠商事が3300億円、三菱商事が3000億円の予想だ。

 業績好調なだけに、伊藤忠の社長人事は安泰という見方が強かったが、岡藤正広社長(66)は、アナリストなど100人を集めた11月9日の決算説明会で、「サプライズがあるかもしれへんで」と語り、ガ然、その去就に注目が集まっている。

 社長を退いて会長になるとすれば、かねて下馬評に上がっている3人の専務執行役員の中から選ばれるとみられている。

「ある役員OBは『儲けている人を選ぶのが岡藤流』と言っています。そうなると、吉田朋史・住生活・情報カンパニープレジデント(59)が筆頭でしょうが、ことはそう簡単ではありません。吉田氏は理詰めの人。ところが、岡藤社長は理詰めの人を嫌い、自分と同じ、動物的な勘が働く人を好む。そこで浮上するのが福田祐士・エネルギー・化学品カンパニープレジデント兼CP・CITIC戦略室長(58)です。福田氏は岡藤社長と同じ東大出身。前出の役員OBは、『化学品の決算で粉飾まがいのことをして、一時期、専務から常務に降格になったことがあるが、岡藤さんがすぐに元に戻した。それだけ可愛いのだろう』と言っていました」(経済ジャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る