• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

丸紅 朝田会長派vs勝俣相談役派の確執で社長人事も混沌

 社長交代はまだ先、と思われた丸紅の雲行きが怪しくなってきた。朝田照男会長(67)と勝俣宣夫相談役(73)の確執が続いていることが原因だ。

 勝俣氏が社長時代に推し進めた財務リストラを朝田氏が部下として支え、勝俣氏が朝田氏へ社長ポストの禅譲を決めたことを、丸紅の役員OBだけでなく、現役役員もみな知っている。2008年2月20日の朝田社長内定会見では2人ががっちり握手をしていた。ところが、「今の社内は勝俣派と朝田派の激しいせめぎ合いになっている」(役員OB)というのである。

 両派の確執は、15年3月期に米穀物大手、ガビロンで巨額損失を出したことに端を発する。ガビロンの買収を主導したのは朝田氏。勝俣氏は反対し、2人の蜜月関係にひびが入った。

「勝俣派は『ガビロンは朝田案件。トカゲの尻尾切りではなく、責任を明確にすべきだ』と言っています。トカゲの尻尾とは、朝田会長とともにガビロン買収を主導した2人が今年4月の人事で関連会社に出向になった件。そのうちの1人は、丸紅の食糧事業を率いて『穀物マフィア』と呼ばれたほどの人物でした。業界では、ガビロンの巨額損失による引責と受けとめました」(経済ジャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  4. 4

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  5. 5

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  6. 6

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  7. 7

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  10. 10

    6年ぶりV逃した有村智恵の衰え…再三のチャンス決められず

もっと見る