• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

師走相場“最後の主役” 「スター・ウォーズ」銘柄を狙え

 兜町に“スター・ウォーズ旋風”が巻き起こっている。映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」は、18日の18時30分に日本で公開された。週末3日間(18~20日)で、観客動員100万人を突破し、興行収入は16億円を超えた。

 スター・ウォーズ新作の経済効果は、全世界で3兆円といわれるが、株式市場にもプラス効果をもたらしている。

「先週は日銀が金融緩和の補完策を公表しましたが、市場の反応はイマイチだった。スター・ウォーズ公開のほうが、よっぽど市場心理を好転させたと思う」(証券アナリスト)

 スター・ウォーズ仕様の特急ラピートを、関西空港駅~難波駅で走らせる南海電鉄の株価は21日、前営業日比7円高の687円で引けた。スター・ウォーズの世界を体感できるアトラクション「スター・ツアーズ」が人気の東京ディズニーランド(会社名オリエンタルランド)も、前営業日比78円高の7178円と好調だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  7. 7

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  8. 8

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    蘇る4年前…ブラジルに王国の焦りとネイマール潰しの恐怖

もっと見る