• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

師走相場“最後の主役” 「スター・ウォーズ」銘柄を狙え

 兜町に“スター・ウォーズ旋風”が巻き起こっている。映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」は、18日の18時30分に日本で公開された。週末3日間(18~20日)で、観客動員100万人を突破し、興行収入は16億円を超えた。

 スター・ウォーズ新作の経済効果は、全世界で3兆円といわれるが、株式市場にもプラス効果をもたらしている。

「先週は日銀が金融緩和の補完策を公表しましたが、市場の反応はイマイチだった。スター・ウォーズ公開のほうが、よっぽど市場心理を好転させたと思う」(証券アナリスト)

 スター・ウォーズ仕様の特急ラピートを、関西空港駅~難波駅で走らせる南海電鉄の株価は21日、前営業日比7円高の687円で引けた。スター・ウォーズの世界を体感できるアトラクション「スター・ツアーズ」が人気の東京ディズニーランド(会社名オリエンタルランド)も、前営業日比78円高の7178円と好調だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る