米本社「撤退」で窮地 日本マクドナルドの再生阻むものは

公開日:  更新日:

「外部の血を入れる以外に、もう、これといった打つ手がないともいえます」(ジャーナリスト・田中幾太郎氏)

 日本マクドナルドHDの経営から、筆頭株主の米本社が“撤退”し始めた。所有する約5割の株式のうち最大で約33%、1000億円規模を売却する方針という。

「1971年に東京・銀座に1号店を出してから半世紀近く。これまで米本社が直轄体制を敷いてきましたが、日本のマックの低迷で、ようやく上向きつつあった米本社の業績の足かせに。売却益を他に振り向けたいというもくろみもあるでしょうし、いよいよ手術が必要と決断したのでしょう。すでに米本社の幹部も来日。国内外の投資ファンドや商社に打診したようです」(兜町関係者)

 日本マクドナルドは、既存店の客数が11月まで31カ月連続で前年割れ。15年12月期に380億円の純損失を計上し、2期連続の赤字になる見通しと、ガタガタだ。外部の血を入れたからといって生まれ変われるものなのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る