利用明細書が“くじ”に 千葉興銀「ATMサービス」の奇抜度

公開日:  更新日:

 初詣で賑わう成田山新勝寺。この時期は毎年、約300万人が訪れる。

 その参道に店舗を構える千葉興業銀行(東証1部)の成田支店が話題だ。

 昨年12月31日にスタートしたちょっとしたサービスがそれ。

「ナント、くじ付きATM(現金自動預払機)を設置したのです。利用明細書の裏に『大当り!!!』と表示されるようです。これまでほとんど聞いたことがありません」(大手銀行関係者)

 銀行の預金者集めは、これまでもさまざまなアイデアが登場し、顧客獲得合戦を繰り広げてきた。「ジャンボ宝くじ付き定期預金」や「懸賞金付き定期預金」、Tポイントが当たる「スペシャルギフト付き定期預金」など新種のサービスが続々と生まれている。

 それにしてもATM利用で「大当たり」が出るとは……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る