1食で取る栄養を“1飲”で 世界初「完全栄養飲料」の勝算

公開日:  更新日:

 ネットの悩み相談で「食事を準備するのも口にするのも面倒」という書き込みをチラホラ見かける。発売中の月刊「文芸春秋」で「日本を元気にする逸材」のひとりに選ばれた“科学界の若き天才”筑波大助教の落合陽一氏(28=メディアアーティスト)も、1日2食を“グミ”で済ませるという。たしかに、食べなければ手間もカネもかからないが、健康への悪影響が心配だ。

 そんなジレンマを解消してくれそうな日本初の完全栄養飲料「COMP(コンプ)」の予約販売が始まり、話題を集めている。

 粉末を水などに溶かして飲むだけなので、手間いらず。それでいて、生存に必要な栄養素をすべて含んでいるという。値段は1食約560円(約760キロカロリー)とランチ代と同じワンコイン。

 商品化のきっかけは、開発者の切実な実体験。だから「完全栄養食」にこだわり、厚労省が定める「日本人の食事摂取基準」(2015年)に準拠し、33種類の栄養素を含んでいる。テレビCMを流している大手食品会社の栄養補助食品に含まれているのは14種類だから、倍以上だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る