テーマは“訪日客”と“防犯” いま仕込む「マイナス金利」銘柄

公開日:  更新日:

 兜町にとってもマイナス金利は初体験だけに、「プロでも投資判断はおっかなビックリのところがある」(証券アナリスト)という。

 もちろん、個人投資家がマイナス金利に遭遇するのも初めてだ。未経験の新テーマが、株式市場に突如、出現したことになる。

「それだけに投資のチャンスでもあります。1日の値動きでも分かるように、利ザヤが薄くなる銀行の株価は下落傾向にあります。一方、1ドル=121円台まで進行した円安の恩恵を受けそうな銘柄は勢いに乗った。なかでも、円高のマイナス効果で株安が顕著になっていたインバウンド関連が復活してきました」(株式評論家の杉村富生氏)

 中国人の爆買いのメッカとして知られるラオックスの株価は1日、一時、スットプ高をつけた。終値は220円で前日比20.9%アップだ。ビジネスホテルを運営する共立メンテナンスは7.8%高、高級腕時計が人気のコメ兵も2.3%高で引けた。日経平均(1日終値)はプラス2%だったので、訪日客関連の株高が目を引いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る