• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

テーマは“訪日客”と“防犯” いま仕込む「マイナス金利」銘柄

 兜町にとってもマイナス金利は初体験だけに、「プロでも投資判断はおっかなビックリのところがある」(証券アナリスト)という。

 もちろん、個人投資家がマイナス金利に遭遇するのも初めてだ。未経験の新テーマが、株式市場に突如、出現したことになる。

「それだけに投資のチャンスでもあります。1日の値動きでも分かるように、利ザヤが薄くなる銀行の株価は下落傾向にあります。一方、1ドル=121円台まで進行した円安の恩恵を受けそうな銘柄は勢いに乗った。なかでも、円高のマイナス効果で株安が顕著になっていたインバウンド関連が復活してきました」(株式評論家の杉村富生氏)

 中国人の爆買いのメッカとして知られるラオックスの株価は1日、一時、スットプ高をつけた。終値は220円で前日比20.9%アップだ。ビジネスホテルを運営する共立メンテナンスは7.8%高、高級腕時計が人気のコメ兵も2.3%高で引けた。日経平均(1日終値)はプラス2%だったので、訪日客関連の株高が目を引いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る