• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

3月は「10万円株」で生活防衛…底値圏の株主優待銘柄は?

「ようやく落ち着いた値動きに戻りつつある」

 証券関係者が口にするようになった。

「先週の日経平均を見ても、終値ベースの高値と安値の差は350円程度でした。その前は、わずか1日で800円下落したかと思えば、1000円の急騰劇を演じるなど、文字通りジェットコースター相場でしたからね」(市場関係者)

 22日の終値も前日比143円高の1万6111円と、冷静な値動きを見せた。

「市場には、中国の景気減速や原油安、米利上げペースの見直しなど悪材料が横たわったままですが、年初からのパニック相場はいったん終わったとみるべきでしょう。となると、底値圏にある銘柄は絶好の買い場です。投資金額が10万円前後ですむ銘柄も急増しています」(株式評論家の倉多慎之助氏)


 マイナス金利の影響で、普通預金の金利は0.001%も出てきた。100万円を預けて、1年後に受け取る利息は10円に満たないのだ(税引き後)。だったら、ある程度のリスクを覚悟して、株式に資金を振り向けた方が利口かもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  10. 10

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

もっと見る