• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

3月は「10万円株」で生活防衛…底値圏の株主優待銘柄は?

「ようやく落ち着いた値動きに戻りつつある」

 証券関係者が口にするようになった。

「先週の日経平均を見ても、終値ベースの高値と安値の差は350円程度でした。その前は、わずか1日で800円下落したかと思えば、1000円の急騰劇を演じるなど、文字通りジェットコースター相場でしたからね」(市場関係者)

 22日の終値も前日比143円高の1万6111円と、冷静な値動きを見せた。

「市場には、中国の景気減速や原油安、米利上げペースの見直しなど悪材料が横たわったままですが、年初からのパニック相場はいったん終わったとみるべきでしょう。となると、底値圏にある銘柄は絶好の買い場です。投資金額が10万円前後ですむ銘柄も急増しています」(株式評論家の倉多慎之助氏)


 マイナス金利の影響で、普通預金の金利は0.001%も出てきた。100万円を預けて、1年後に受け取る利息は10円に満たないのだ(税引き後)。だったら、ある程度のリスクを覚悟して、株式に資金を振り向けた方が利口かもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る