3月は「10万円株」で生活防衛…底値圏の株主優待銘柄は?

公開日:  更新日:

「ようやく落ち着いた値動きに戻りつつある」

 証券関係者が口にするようになった。

「先週の日経平均を見ても、終値ベースの高値と安値の差は350円程度でした。その前は、わずか1日で800円下落したかと思えば、1000円の急騰劇を演じるなど、文字通りジェットコースター相場でしたからね」(市場関係者)

 22日の終値も前日比143円高の1万6111円と、冷静な値動きを見せた。

「市場には、中国の景気減速や原油安、米利上げペースの見直しなど悪材料が横たわったままですが、年初からのパニック相場はいったん終わったとみるべきでしょう。となると、底値圏にある銘柄は絶好の買い場です。投資金額が10万円前後ですむ銘柄も急増しています」(株式評論家の倉多慎之助氏)


 マイナス金利の影響で、普通預金の金利は0.001%も出てきた。100万円を預けて、1年後に受け取る利息は10円に満たないのだ(税引き後)。だったら、ある程度のリスクを覚悟して、株式に資金を振り向けた方が利口かもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る