換金できる3月優待銘柄 利回りでは「ワタミ」がダントツ

公開日:  更新日:

 三菱東京UFJ、三井住友、みずほのメガバンク3行に続いて、ゆうちょ銀行も「通常貯金」の金利を0.001%に引き下げた。100万円預けて利息は年に10円ぽっち……、いや、税金を引かれたら8円だ。こうなったら金券ショップで換金できる株主優待で小銭をつくるしかない。

■約10万円の投資で6000円の食事券

 銀行はもうアテにならない。そこで株主優待に目を向けてみた。ただし、水産会社から缶詰をもらっても、食べてしまったら1円の得にもならない。あくまで“現金”を殖やすことだけを考え、近所の金券ショップで買い取りしてもらえる優待に絞ってみた。

 3月は権利確定が600銘柄以上も集中する。しかし、調べてみると、換金できそうなものをくれる会社は226社のみ。クオカードが最も多く、ギフト券、図書カード、お米券、商品券などが続く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る