日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

換金できる3月優待銘柄 利回りでは「ワタミ」がダントツ

 三菱東京UFJ、三井住友、みずほのメガバンク3行に続いて、ゆうちょ銀行も「通常貯金」の金利を0.001%に引き下げた。100万円預けて利息は年に10円ぽっち……、いや、税金を引かれたら8円だ。こうなったら金券ショップで換金できる株主優待で小銭をつくるしかない。

■約10万円の投資で6000円の食事券

 銀行はもうアテにならない。そこで株主優待に目を向けてみた。ただし、水産会社から缶詰をもらっても、食べてしまったら1円の得にもならない。あくまで“現金”を殖やすことだけを考え、近所の金券ショップで買い取りしてもらえる優待に絞ってみた。

 3月は権利確定が600銘柄以上も集中する。しかし、調べてみると、換金できそうなものをくれる会社は226社のみ。クオカードが最も多く、ギフト券、図書カード、お米券、商品券などが続く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事