日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

3・6また臨時株主総会…ロッテ“お家騒動”ますます炎上中

 経営権をめぐって創業家の兄弟が対立し、お家騒動を繰り広げているロッテホールディングスが3月6日に臨時株主総会を開く。昨年8月に続いて2回目だ。議案は長男の重光宏之前副会長(62)側が提出した株主提案で、次男の重光昭夫副会長(61)らの取締役解任などを求めている。

 骨肉の争いは、日本グループを率いる宏之氏と韓国事業を担う昭夫氏が、創業者の父・重光武雄会長(94)の後継指名の奪い合いで始まった。当初、武雄氏を味方につけたのは昭夫氏だった。

「昭夫氏は武雄氏に対し、宏之氏が海外事業で大失敗した上、仲間を会社に引き入れて私物化していると告げ口した。真に受けた武雄氏が昭夫氏に後を譲り、昨年1月に宏之氏を解任。ハメられた格好の宏之氏は半年かけて武雄氏を説得して翻意させ、逆襲に出たのです」(ロッテ関係者)

 7月に父親連れで東京本社に乗り込んだ宏之氏は、武雄氏以外の全取締役のクビを通告。ところが、逆に昭夫氏が武雄氏の代表権を外し、8月開催の臨時株主総会もまとめた。その上、韓国では12月に武雄氏に成年後見制度を適用するよう家裁に申請がされた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事