• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

利回り3%超を厳選 年度末相場は「高配当21銘柄」で稼ぐ

 マイナス金利時代に少しでも資産を増やすには、株式投資がピッタリだ。

「株式市場は年度末(3月末)に向けて株高になることが多い。ここへきて市場は落ち着いてきたし、今年も上昇傾向になるとみています」(株式評論家の杉村富生氏)

 14日、日経平均は3連騰となり、兜町は「月末の1万8000円が見えてきた」と騒ぎ始めている。

 この波に乗れば、ちょっとした小遣い稼ぎは夢じゃない。どんな銘柄を狙えばいいか。

「このタイミングで投資するなら、3月に権利が確定する高配当銘柄がオススメです。安値圏に放置されている個別銘柄はたくさんあるし、上場企業の約600社が配当利回り3%を超えています。マイナス金利が悪材料となっているメガバンク株も狙い目でしょう」(証券アナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  7. 7

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  8. 8

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  9. 9

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  10. 10

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

もっと見る