• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

出資大幅減に加え…鴻海のシャープ買い叩きが止まらない

 2月中にも正式契約すると思われていた台湾・鴻海による“シャープ買収”は、いまだに決着を見ない。

 22日は、鴻海が出資額について、2000億円の減額を要求したと報じられた。シャープは1000億円程度の減額で調整しているもようだ。

「鴻海は4890億円の出資予定だったので、2000億円のディスカントはほぼ4割引きです。いくら何でも値切り過ぎでしょう」(市場関係者)

 鴻海は総額7000億円を投じる再建案で、ライバルの官民ファンド・産業革新機構を蹴落とした。ところが、偶発債務(将来発生しかねない債務)問題が急浮上し、鴻海の郭台銘会長は正式契約を先延ばしした。

「偶発債務は最大で3500億円といわれましたが、精査した結果は数百億円規模といいます。売上高15兆円を誇る鴻海にとっては大した金額ではないでしょう。それなのに郭会長はのらりくらりで、次々と新たな要求を突き付けてくる。値切るだけ値切ってやるという意図が透けて見えます」(証券アナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る