• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

1万7000円は維持? 市場が注視する3.29「権利落ち相場」

 今後の株式相場を占う材料として、市場関係者は29日の「権利落ち日」の株価に注視しているという。

 28日が3月決算銘柄の権利付き最終売買日で、配当狙いや株主優待目当ての買いが入る。25日の終値ベースで配当利回りが高い銘柄には、あおぞら銀行(5.19%)、りそなHD(4.21%)、サンリオ(3.5%)などがあるが、「権利落ち日」の29日は通常、株価は下落する。配当落ち分の株価下落額は、理論的に算出でき、今回、その金額は日経平均で130円程度とみられている。

「権利落ち当日の29日に、日経平均が130円以上、下落するのかどうかが焦点です。130円以内だったら、相場は強い。130円以上、下落した場合、次は、3月末日までに配当落ち分を戻すことができるかどうかがポイントになります」(証券関係者)

 先週は、「外国人投資家が7年ぶりの売り越し(2015年度・3月第3週まで)」「月例経済報告で5カ月ぶりに景気判断を引き下げ」などの悪材料が噴出したにもかかわらず、株価は1万7000円の大台を回復。「期末の1万7000円維持を意識したPKOが働いている」(前出の証券関係者)という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る