悪夢の暴落スタート 新年度相場は「上がり目なし」の理由

公開日:  更新日:

 株式市場は悪夢のスタートとなった。新年度入りした1日、日経平均は前日比で一時650円近く暴落し、終値は594円安の1万6164円だった。

「今年の大発会は582円安で、その後、6日続落という戦後ワーストを記録しました。この間、日経平均は約1800円下がり、証券各社は相場見通しを下方修正したほどです。だから新年度は上昇でスタートさせたかった」(市場関係者)

 そんな市場の思惑は完璧に裏切られた。IMSアセットマネジメントの清水秀和代表は言う。「1日公表の日銀短観が市場予測を下回る悪い結果でした。経済失速は鮮明になり、株は大きく売られたのです」

 とはいえ600円近い下落はただ事ではない。3月下旬は1万7000円前後で安定していたのだ。

「ドレッシング(お化粧)相場が終わったのです。政府は、企業決算が集中する3月末までは株価急落を避けたかった。企業の保有する株の含み損が拡大するからです。GPIFや日銀などの“クジラ”を動員して買い支えたのでしょう。4月になれば、その必要がなくなります。分かりやすい相場操縦です」(株式アナリストの黒岩泰氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る