「パナマ文書」公開で懸念される“ハイパー円高”の可能性

公開日: 更新日:

「パナマ文書」に世界各国の指導者が震え上がっている。

 パナマの法律事務所が作成した、カリブ海などのタックスヘイブンに設立されたオフショア(非居住者向け)会社に関する文書のこと。1970年代から作成され、総数は1150万件。国際調査報道ジャーナリスト連合が今月3日、その一部を公開し、世界中を巻き込む大騒ぎになっている。

 タックスヘイブンを利用した金融取引そのものは違法じゃないが、資産隠しや資金洗浄などに悪用している疑いアリというわけ。で、文書にはロシアのプーチン大統領の側近や、中国の習近平国家主席、李鵬元首相らの家族に加え、パキスタン、ウクライナなど12カ国の首脳の名前も含まれていたから、さあ大変。妻がバージン諸島に会社を保有していたことが発覚したアイスランドのグンロイグソン首相は辞任を表明した。

 さらに英キャメロン首相の亡父や、フランスの元閣僚や有力議員、スペインでも王室関係者の名前が挙がっており、いずれも弁明に大わらわだ。ちなみにメッシやジャッキー・チェンなどのセレブも関わっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  2. 2

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  3. 3

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  4. 4

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  5. 5

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  6. 6

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  7. 7

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  8. 8

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  9. 9

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  10. 10

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る