過剰在庫が市場に溢れ…中国“爆売り”が日本企業を直撃か

公開日:  更新日:

 中国による“爆売り”が日本企業を直撃する――。そんな臆測が衝撃を与えている。きのう(8日)、東京商工リサーチが2015年度の「チャイナリスク」関連倒産を発表。2014年度と比べると2倍の120件と急増しているという。

 倒産原因としては、中国国内の人件費高騰による製造単価の上昇などの「コスト高」が74件と最多。気になるのは、2位(24件)に挙げられた「価格競争」だ。要は、中国企業との激しい“低価格競争”に敗れたことを意味している。

「価格競争を起因とする倒産は、中国株が暴落した昨夏からみられるようになっています。中国企業がもの凄い安い価格でモノを売っているのです。鉄などの分野では相場が激しく下落し、利益が減るどころか“逆ざや”になっているケースもあります」(東京商工リサーチ情報本部の原田三寛氏)

 価格競争は今後、一層、激しくなりそうだ。中国は3月の全人代で、過剰在庫や過剰設備の解消を掲げていて、世界に“中国製品”があふれ出す可能性が濃厚だからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る