誰が情報漏らした? セブン&アイ“物言う株主”の妙な動き

公開日: 更新日:

 セブン&アイホールディングスの鈴木敏文会長兼CEO(83)の引退は、流通業界を困惑させている。

「まさか、こんな形で辞めるとは思ってもみなかった。残念です」(大手コンビニ関係者)

 セブン&アイの中核会社、セブン―イレブンの社長人事を巡り、経営陣が対立したことが引退のキッカケだ。鈴木会長は、現在の井阪隆一社長(58)を辞めさせる人事案を持っていた。

 鈴木会長は先週の会見で、「(井阪氏に退任の)内示を出したところ、本人も分かりましたと言っていた」と話した。ところが、翌々日に井阪氏は心変わりし、「内示は受けられない」と鈴木氏に告げた。

「1カ月以上にわたり、セブン&アイは揺れていたのです。井阪社長の退任人事を知った米投資ファンドのサード・ポイント(セブン&アイ株を約5%保有)が井阪社長を援護する書簡をセブン&アイに送った。なぜ、サード・ポイントがトップ人事を知り得たのか。井阪社長周辺や、セブン&アイ創業家など、井阪氏の人事を知っていた人物は限られるだけに臆測は絶えません」(流通関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  6. 6

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  7. 7

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  8. 8

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  9. 9

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

  10. 10

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

もっと見る