セブンだけじゃない “内紛の火ダネ”創業家が大株主の21社

公開日: 更新日:

 セブン&アイHDの鈴木敏文会長兼CEO(83)が引退を決めた。退任の理由の一つは、「(セブン&アイ株を約10%保有する)創業家の豹変」と鈴木会長は話している。

 創業者の伊藤雅俊名誉会長(91)が経営の一線から退いたあと、セブン&アイの経営は鈴木会長が担い、創業家は一切口出ししてこなかった。ところが、この3月に鈴木会長が提案したセブン―イレブンの社長人事を、伊藤名誉会長は拒否。「創業家VS鈴木会長」が表面化した。

「なぜ伊藤さんが突然心変わりしたのか。伊藤家の3人の子供たちや、米投資ファンドのサード・ポイント、世襲人事などさまざまな指摘がありますが、本当のところは分かりません。ただ、このところ創業家の絡むゴタゴタが増えているのは気になります」(市場関係者)

■物言う株主が狙っている

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  2. 2

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  3. 3

    磯野貴理子は女神か都合のいい女か…男女問題研究家の見解

  4. 4

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  5. 5

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  6. 6

    虎オーナー補強封印で…矢野監督に“糸井&福留切り”の大役

  7. 7

    国会議員らの毛髪検査で…発がん性「農薬」検出7割の驚愕

  8. 8

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  9. 9

    芸能界ファミリー新派閥「瑛太会」を悩ます“ボス”の酒癖

  10. 10

    米中貿易戦争の加熱で古紙不足 石油危機パニックの再来か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る