セブン&アイHD 村田社長も退任で“集団指導体制”に移行か

公開日:  更新日:

 セブン&アイHDの新経営体制が少しずつ漏れてきた。村田紀敏社長兼COO(72)は退任し、新トップにはセブン―イレブン社長の井阪隆一社長兼COO(58)が就く方向で調整が進んでいるという。

 新体制では会長職を置かず、CEOやCOOといった役職の廃止も検討されている。これまでの「鈴木─村田体制」から、集団指導体制へ移行するとの観測も浮上してきた。

 来週19日の取締役会で新体制が決議されるが、伝わっている井阪新社長でスンナリ決まるとは限らない。

 そもそも鈴木会長の“井阪切り”が騒動の発端だし、セブン&アイの取締役は「鈴木派と伊藤派(創業家)の争い」(流通関係者)と伝わる。

 先日の取締役会では、井阪氏を退任させる鈴木案に賛成7、反対6、白票2という結果だった。この票数を見ても、19日の取締役会が荒れ模様になるのは必至だ。

 伊藤家の伊藤順朗氏(57)、鈴木会長の次男・鈴木康弘氏(51)も取締役に名を連ねる。セブン&アイの迷走は続きそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る