セブン&アイHD 村田社長も退任で“集団指導体制”に移行か

公開日:  更新日:

 セブン&アイHDの新経営体制が少しずつ漏れてきた。村田紀敏社長兼COO(72)は退任し、新トップにはセブン―イレブン社長の井阪隆一社長兼COO(58)が就く方向で調整が進んでいるという。

 新体制では会長職を置かず、CEOやCOOといった役職の廃止も検討されている。これまでの「鈴木─村田体制」から、集団指導体制へ移行するとの観測も浮上してきた。

 来週19日の取締役会で新体制が決議されるが、伝わっている井阪新社長でスンナリ決まるとは限らない。

 そもそも鈴木会長の“井阪切り”が騒動の発端だし、セブン&アイの取締役は「鈴木派と伊藤派(創業家)の争い」(流通関係者)と伝わる。

 先日の取締役会では、井阪氏を退任させる鈴木案に賛成7、反対6、白票2という結果だった。この票数を見ても、19日の取締役会が荒れ模様になるのは必至だ。

 伊藤家の伊藤順朗氏(57)、鈴木会長の次男・鈴木康弘氏(51)も取締役に名を連ねる。セブン&アイの迷走は続きそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る