アントワークス早川秀人社長<1> 父が警官なのに補導歴8回

公開日:  更新日:

「伝説のすた丼屋」を各地に展開

 ニンニク醤油味の、なんとも中毒性のある豚肉炒めが大盛り飯の上にこんもりとのる「すた丼」(すたみな丼の略)。この丼を売りにする「伝説のすた丼屋」「名物すた丼の店」を、全国各地に72店展開するのが、アントワークスだ。

 1971年、国立市に開いたラーメン店を発祥とするすた丼屋は、お客も店員も不良が多いことで知られていた。創業者から経営を受け継いだ代表取締役の早川秀人氏も、補導歴多数という立派な“小金井の不良”だった。そんな悪ガキが、どんな経緯で経営者となったのか。子ども時代から振り返ってみよう。

 1964年生まれ、「地元は東京都の小金井市」という早川氏だが、中1まではお隣の小平市で育った。父親は公安畑を中心に歩んだ、警視庁の私服警官、母親は教育熱心な専業主婦という家庭だった。

 ケンカが強くなくては不良は務まらないが、早川氏は小学校低学年から、その片鱗を見せる。「遊びの延長で、2対2の決闘をしようという話になりました」。顔面に一発食らい、腹も蹴られて、あえなく降参した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る