• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

アントワークス早川秀人社長<1> 父が警官なのに補導歴8回

「伝説のすた丼屋」を各地に展開

 ニンニク醤油味の、なんとも中毒性のある豚肉炒めが大盛り飯の上にこんもりとのる「すた丼」(すたみな丼の略)。この丼を売りにする「伝説のすた丼屋」「名物すた丼の店」を、全国各地に72店展開するのが、アントワークスだ。

 1971年、国立市に開いたラーメン店を発祥とするすた丼屋は、お客も店員も不良が多いことで知られていた。創業者から経営を受け継いだ代表取締役の早川秀人氏も、補導歴多数という立派な“小金井の不良”だった。そんな悪ガキが、どんな経緯で経営者となったのか。子ども時代から振り返ってみよう。

 1964年生まれ、「地元は東京都の小金井市」という早川氏だが、中1まではお隣の小平市で育った。父親は公安畑を中心に歩んだ、警視庁の私服警官、母親は教育熱心な専業主婦という家庭だった。

 ケンカが強くなくては不良は務まらないが、早川氏は小学校低学年から、その片鱗を見せる。「遊びの延長で、2対2の決闘をしようという話になりました」。顔面に一発食らい、腹も蹴られて、あえなく降参した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  5. 5

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  6. 6

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  7. 7

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  8. 8

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  9. 9

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  10. 10

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

もっと見る